現在、秋篠宮家には眞子さまと佳子さまのほか、三笠宮家には彬子さまと瑶子さま、高円宮家には承子さまと絢子さまと成人した「女王」がいて、独身の女性皇族は6人いる。

左の写真は日曜の夜、電車で都心へお帰りになる際に男性と親密そうにされていた眞子さま('16年10月)右は、佳子さまがタンクトップ姿で、“イケメン”の学生と親しげにお話しする様子('15年5月)

 『』は秋篠宮家の眞子さまの“熱愛写真”を報じたが、

電車内でのあの密着ぶりは、外国育ちの男性ではないかとみています。そういう出会いも現代的で結構だと思います。実は、ご結婚を考えているお相手だったのかもしれません

 と前向きにとらえているのは皇室を長年取材するジャーナリストで文化学園大学客員教授の渡邉みどりさん。

 妹の佳子さまの男性とのツーショットも、『』は報じたことがある。

 '15年春に、国際基督教大学(ICU)に入学した直後、新入生向けに開かれた合宿で、タンクトップ姿で男子学生と歩かれていた佳子さまだが─。

「この学生はICU高校出身で、ロックバンドの活動もしている学生です。佳子さまとは“特別な仲”ではなく、移動でのバスの席がたまたま近くになった学生だそうですよ」(ICU関係者)

 国民的人気のあるプリンセスだけに、今後も、佳子さまの横に並ぶ男性は注目の的になりそうだ。

三笠宮家の彬子さま、瑶子さま

 前出の彬子さまは未婚の女性皇族のなかでいちばん年が上とあってか、新聞でのご発言のように責任感がお強い。

大学や研究機関の「掛け持ち」をしながら、公務にも精を出されている彬子さま('16年10月)

「以前から寛仁さまが病気がちだったことで、彬子さまはご自分が一家を背負っていかなくてはという気持ちがあり、それが“気負い”になることもあります」

 そう話すのは三笠宮家を知る関係者。

彬子さまは、それを優しく包み込み、ときにはたしなめてくれるような男性がお好きです。

 '09年の秋から京都で研究生活を送っていた際には、そんな男性と交際されていたと聞きました。この男性は研究所の先輩でしたが、いわゆる良家の女性と交際していることをステータスにするような人で、彬子さまは結婚に踏み切らず、お別れになったようです」(同・関係者)

 '07年には、『週刊朝日』で留学先の英国で知り合い、東洋美術を専攻しているという男性と「ディズニー」でデートする記事が掲載されたが、この人物とは別人だという。

 妹の瑶子さまの“お噂”は、これまで注目を集めなかったが、前出・渡邉さんは次のように期待を込める。

「学習院初等科時代から剣道をお続けになり、“体育会系”な面もあるはずです。宮杯など皇室とスポーツは縁が深いので、代々スポーツマンを輩出している家庭の出身者との結婚も現代的だと思います」