12月下旬の午後6時過ぎ。東京・渋谷のダイニングバー『N』に、それぞれの所属事務所の車に乗って現れたのは、生田斗真と広瀬すず。

中で行われた会ではクリスマスに近い時期だったので、プレゼントの抽選会がありました。出席者の方々から、旅行券や商品券などが出品されましたね」(会の参加者)

 実はこの会は、クリスマスパーティーではなく、'17年秋公開予定の映画『先生!』の打ち上げ。撮影は、昨年11月から12月中旬まで行われた。

「この作品は岡山県が舞台で、地元の高校、駅、商店街やグラウンドなどがロケに使われました。ファンが大勢集まってしまったり、大雨で撮影が中断するハプニングはありましたが、無事にクランクアップすることができました」(映画製作スタッフ)

 原作は『青空エール』などで知られる河原和音の同名少女マンガ。生田はまじめな世界史教師、広瀬は彼に初恋をする女子高生の役だ。つまり“禁断の関係”モノ。

撮影初日、生田さんはカフェオレやエスプレッソなどが楽しめるコーヒーメーカーを差し入れしてくださいました。寒い時期だったので、広瀬さんはじめ出演者さんたちは“いつでも温かくて美味しいコーヒーが飲める”と喜んでいました」(芸能プロ関係者)

 そんなホットな差し入れ効果もあいまって、現場は終始いい雰囲気。打ち上げでは、主役の2人にサプライズなプレゼントも手渡された。

1次会を終えた生田。左手に似顔絵のイラストが描かれた色紙を持っていた

原作者の河原さんによる直筆イラストで、生田さんと広瀬さんの似顔絵が描かれていました。2人とも“大事にします”と、とってもうれしそうでしたよ」(前出・会の参加者)

 2時間ほどで1次会が終了し、店から出てきた広瀬。先に出ていた15人ほどのスタッフに見送られ、帰路についた。

 その5分後、出てきた生田の手にはまさに前出のイラストが描かれた色紙が。こちらはマネージャーが運転する車で、2次会会場のダーツバー『L』へと向かった。

 日付が変わるころ『L』から出てきた生田は、まだまだ飲み足りなかったのか3人のスタッフとタクシーに乗り込み、3次会へ。

会場は、渋谷から少し離れた隠れ家的なレストラン。店内には卓球台もあり、生田さんはお酒が回っていたのか大ハシャギでした」(前出・会の参加者)

 3次会のスタートから1時間後、スタッフ数人に見送られて生田は帰宅。ひとつの仕事をやり終えた達成感を存分に満喫したのだった。