「暑いですが、最後まで盛り上がっていきましょー!」

 ユンホが元気な声を上げて登場したのは韓国陸軍が主催する年に1度の大型イベント『地上軍フェスティバル』(忠清南道鶏龍市・10月2~6日)。戦闘機や戦車の展示と並び、毎年、目玉となるのが兵役中のスターが総出演する舞台。

 今年は東方神起ユンホのほか、俳優兼歌手のイ・スンギ(29)、SUPER JUNIORのシンドン(31)、ソンミン(30)、ウニョク(30)が登場。野外ステージで連日、豪華共演が繰り広げられた。

 2回目の出演となるユンホは、昨年よりひと回り以上大きくなったマッチョボディで、『MIROTIC』『Why?(Keep Your Head Down)』など東方神起の曲を披露。最近まで左腕にケガを負っていたが、それを感じさせないド迫力パフォーマンス。

「アクセスの悪い地方での開催でしたが、観客の約3割はユンホファンの日本人。 “ありがとうございます”と日本語でもコメントをくれて感激しました」(30代のファン)

 優秀な兵士として、名誉ある特級兵士に選ばれ話題を呼んだユンホだが、今回のフェスティバルでは、パフォーマンス団のリーダーとしても活躍。

「オーディションで選抜された総勢100名の兵士のリーダーとして、約3か月間、ユンホ兄さんがダンスを直接指導してくれました。K―POPダンスを初めて踊る兵士たちにも優しく教えてくれて、本当にいい兄さんです!」(バックダンサーを務めた青年)

 ユンホは来年4月除隊予定ということで、フェスティバル参加は今年が最後。来年の今ごろは、いっそう凛々しくなった姿で相棒のチャンミンとともに新たなステージを見せてくれることを期待できそう♪

超新星ゴニル(左)は、ダンスコンテストに部隊の仲間と出場し見事優勝! 今年2月に入隊したイ・スンギ(右)は、優秀な兵士が配属される特戦司令部所属。司会のほか歌でも大活躍。1日2〜3回の公演の中ではユンホ腹筋チラ見せパフォーマンスも☆(中央)

撮影・文/古林由香