atsugi1022

 わが子を餓死させたとして殺人罪などに問われた元トラック運転手・齋藤幸裕被告(37)の裁判員裁判は22日、横浜地裁で判決が言い渡される。

 死亡推定5歳の理玖くんは、ゴミ屋敷同然の部屋で白骨遺体として見つかった。なぜ悲劇は起こったのか。

 法廷で居眠りする姿からは想像できないが、運送会社勤務時代の元上司によると「週1日しか休みがなく1日10~11時間働いていました。まじめで無遅刻、無欠勤。評価は上位20%のA評価でした」と仕事はできたようだ。

 しかし、職場では悩みごとを話すことはなかった。親しい同僚もいなかった。私生活では20代前半でデキ婚。妻の妊娠を喜んだという。

「お互いに子どもが好きだったし、妊娠はうれしかったです。結婚式はお金がなかったので、身内だけで挙げました」

 そのとき、お腹にいたのが理玖くんだ。被告の父親は法廷でこう語った。

「妻が家を出て、頭の中が真っ白になったと思う。働きながら養育し、疲れ果てて育児を放棄してしまったと考えています。良識ある処罰を望むしかないです。(ひとりで子育てした2年間は)本人にとっては長かったのでは。よくやっていたと思います」

 被告の妹も、こうかばった。

「よく頑張ったと思います」

 現在も通院中という母親は出廷せず、弁護士によって上申書が読みあげられた。

《2人暮らしになったのに、助けを求めなかったのは、私の身体の調子が悪かったからだと思う。とても残念です》

 言葉こそ多くない。しかし、わが子のやさしさを信じ、自分のふがいなさを責める母親の心情が込められていた。

 法廷での被告は根っからの悪人には見えない。殺人罪の裁判で居眠りするのは信じがたかったが、むしろ、弁護士がたしなめようとしないのが不思議だった。一般市民から選ばれた裁判員の心証は悪くなるからだ。

 弁護側尋問に対しても、なんでもかんでも妻のせいにしたり、ときに自分を責めたり、ちぐはぐな印象を受けた。エロ雑誌を細かくちぎって紙吹雪にして理玖くんを喜ばせたエピソードや、妻が家出した後は自慰行為で我慢したことを訴えるなど不謹慎な発言も。

 どういう弁護方針なのかわからなかった。しかし、弁護士は裁判長に「これだという核心をつくものがある」と話していた。

 その狙いが明らかになったのは8日の結審だった。検察側は「親の意識が欠落した自己中心的で無責任な行動。情状酌量の余地はなく、最も重く処すべき事案」として懲役20年を求刑。弁護士は最終弁論で、裁判官と裁判員にメモを配って言った。

「被告は覚えていない。被告のIQは69である」

 メモの詳しい内容はわからない。しかし、IQの低さを理由に情状酌量を求めるものだった。

 IQとは知能指数。『辞林21』(三省堂)によると、平均値は100。一般的に70~130の間に95%の人がおさまり、50~70は軽度知的障害とされる。被告のIQをいつ、どのようにテストしたかは傍聴席には明らかにされなかった。メモには書いてあるのかもしれない。弁護士は言う。

「事件当初の報道で、児童相談所が悪いなどと言っていたが、私は“(被告の)自己責任じゃないか”と思っていた。しかし、彼は家族からも周囲からも孤立していた。地域の助けもなかった。この法廷でつじつまの合わないことを言っているのはIQが低いからです。彼だけに責任を負わせていいのでしょうか」

 弁護士の切り札に、法廷は一瞬で凍りつき、そして静まり返った。判決は22日に言い渡される。

〈フリーライター山嵜信明と『』取材班〉