「逮捕から1週間以上たっても、容疑者は“園児を殴ってはいない。触れただけ”などと容疑を否認し続けているようです。それだけのことで2週間のケガになるものなんですかね」

 と社会部記者が肩をすくめる相手は、傷害の容疑で10月21日に逮捕された清原こづえ容疑者。

 福岡県宗像市の私立認可保育所「日の里西保育園」の副園長を務めていた人物だ。

しつけと称する虐待

「今年6月26日、こづえ容疑者が、園児たちにブリッジ歩きをさせている最中に、当時6歳だった男児の顔面を殴打。全治2週間のケガを負わせたとされています」(同・記者)

 無防備な子どもに暴行を働き、ケガまでさせるとは、しつけの一線を越えているといえるが、この保育園には以前から芳しくない評判があった。

 近所の主婦が証言する。

「園児が園庭を泣きながら走っとる。授業じゃろうけど、見とってかわいそうになってくるとよ。それに園児が、園児を大声で叱っとってね。先生がそういう厳しい指導をしとるからじゃろう」

保育園の園児たちは地元のお祭りで体操を披露して好評を博したことも

 事件発覚後は、園児を叩く、引きずり回す、蹴る、トイレの前で食事をさせる、味噌汁をかけるなど数々の暴力行為も報じられている。

 後述する宗像市が開示した保育園への苦情の中には、「薬を持たせていたが、別の子に飲ませてしまった」「ベランダを30周走らされた」という信じられない記述も。

 さらに、過去10年で60人もの保育士が大量退職していることも明らかになっている。

 退職を余儀なくされた元保育士のAさんが、涙ながらにの取材に応じた。

「副園長は指示どおりにできない子がいると、暴言、泣かすだけではなくて、殴ったり引きずり回すんです。しつけと称する虐待ですよ。

 厳しい指導ができない保育士に対しては洗脳、マインドコントロールしていくんですね。それが効かないとパワハラざんまいなので、どんどん辞めていくんです。私も悩んで落ち込んで、自分を責めて眠れなくて、お腹が痛くなって、ボロボロになって、心を病んでしまい4年ほどで辞めてしまいました」