やらかし=非常識な言動や行動を発信してしまう女。すぐに謝罪せずに自己保身の言い訳などをすることで人々の怒りを増幅させてしまう。基本的に自分を被害者の立場に置き、とにかく謝らないのが特徴。近ごろ、世間を賑わせている“やらかし芸能人”たちのトホホな事件簿を振り返る。

普段からマウンティングをしていたのが仇に

 SNSでのやらかしは毎日のようにネットニュースになり、更新されていく。中でも木下優樹菜の“タピオカ騒動”は近年まれにみる大火事となって今もなお燃え続けている(10月30日現在)。

 きっかけは7月に開店した、小岩のタピオカ店だった。木下のインスタグラムの投稿を一部抜粋して振り返る。

《ゆきなのお姉ちゃんさやかがオープンしました》と宣伝。木下もお店を訪れるなどして、姉の経営するお店と印象づけた。しかし、10月6日、状況は一転。

《もうお店に行かなくて大丈夫です》

 こう投稿するとともに、姉との共同経営者と印象づけていたオーナーへの不満をぶちまけた。これを受けて木下のファンはタピオカ店を攻撃。同日中に店の事情を知る匿名のアカウントがツイッター上に木下がタピオカ店オーナーに送りつけた、恫喝めいたインスタグラムのDMを公開した(写真ページに掲載)。

 そもそも姉は共同経営者ではなく、オーナーのママ友でただのお手伝いのアルバイトだったことも明るみになり一気に風向きは逆転。9日、木下は謝罪文を発表したが、12万件を超える批判コメントが殺到。CMスポンサーは木下をホームページから削除、レギュラー番組も降板せざるをえない状況だ。

 ネット炎上に詳しいジャーナリストの渋井哲也さんは、

木下さんはこれまでも多くのアンチを抱えていました。ヤンキーで過去のいじめっ子だった話を武勇伝のように語る一方で、娘をインターナショナルスクールに通わせる、モデルにするなど振る舞いが分不相応だと批判されていました。

 数時間並ばないと写真を撮れない人気戦隊アイドルと娘が楽屋裏で撮った写真をインスタに投稿し炎上したこともありました。そのように普段からマウンティング行為をしているので消えてほしい、見たくない、といううっぷんが爆発したのでしょう」

木下優樹菜がタピオカ店オーナーに送りつけたDM。『事務所総出でやりますね』など脅迫ともとれる

 木下が芸能界引退を迫られる一方で、9月に芸能界を引退した美奈子も炎上している。

「10月24日、ブログに《明日重大発表をします》と予告。また離婚か、などと騒がれましたが蓋を開けてみれば家族でユーチューバーデビューする、というどうでもいい報告でした。彼女の場合は炎上も話題になるためのものという気もしますが」(芸能記者)

 しかし、木下ほどの騒ぎにはならずひっそりと叩かれて幕を閉じた。