「カノジョが出演する舞台に生田さんが来ていました。マスクもしないで、目立っていましたよ」(目撃した女性)

 8月下旬、古田新太が主演を務める劇団☆新感線の舞台『けむりの軍団』の観客席に姿を現したのは生田斗真(34)。“カノジョ”とは、女優の清野菜名(24)だ。ふたりは、'15年放送のドラマ『ウロボロス』(TBS系)で共演し、意気投合。が生田のマンションに通う清野の姿をキャッチしたのは、同年8月だった。

「'17年にも、別の週刊誌に寿司屋デートを楽しむ姿が報じられています。そのころには、清野さんは生田さんのマンションから仕事場へ行って帰ってくる“半同棲”状態でしたね」(スポーツ紙記者)

 その日の観客席には、劇団☆新感線の舞台でおなじみの役者たちの顔もあった。

「小池栄子さんや、りょうさんもいました。生田さんは彼女たちと楽しげに話していましたね」(同・目撃した女性)

 17歳のとき、同劇団の舞台に出演したことで演技に目覚めたという生田。

「彼は、今年からスタートし来年2月にも公演が行われる同劇団の舞台『偽義経冥界歌』の主演を務めています。役者バカなところがあるので、演技を学ぶために、映画や舞台はしょっちゅう見に行くそうです」(舞台関係者)

清野の出演ドラマに触発か

 だが、目撃情報はこれだけではない。7月15日の同舞台の初日公演にも、生田の姿があった。カノジョが出演する舞台を観客席で2度も観覧する堂々っぷり。これは、“近い将来”を見据えた行動なのだろうか。

 一方の清野もドラマで母親役を演じ、母性に目覚めたのか、こんなことを言っていたという。

清野菜名

「現在放送されているテレビ朝日系のドラマ『やすらぎの刻〜道~』で母親役を演じています。2歳の子役の子が、夫役を演じる風間俊介さんより懐いていて、スタッフに“子どもって、可愛い”とこぼしているようです」(テレビ局関係者)

 そんな清野と共演する風間の存在は、生田にも後押しになっているようで、

「ジャニーズは結婚のハードルが高い事務所ですが、生田さんはアイドルではなく、俳優枠。同じ枠にいる風間さんは結婚してすでにパパですから、生田さんも大きな壁はないはず」(芸能プロ関係者)

 付き合って4年の交際。生田は清野の結婚願望を“けむり”に巻くつもりはないようだ。