大人になった今も私たちが少女マンガに夢中でいられるのは、大人の鑑賞にたえる少女マンガの土壌が豊かに育ったおかげ。今年デビュー40周年を迎えたいくえみ綾さんも少女マンガを進化させてきたひとりである。一昨年のドラマ化でも話題になった『あなたのことはそれほど』はまさに大人の恋愛漫画で読み返すたびにドキドキしてしまう。

「特に不倫を描こうと思ったのではなく、あの設定でキャラクターをそれぞれ創って、“さてどう動きますかね、ワクワク”みたいな感じで描いていました」

視聴者の反応がおもしろかった

 いくえみ漫画の魅力は、なにげないひと言が人間関係に影響を及ぼす瞬間がていねいに描かれていること。どの登場人物も愛おしく思えてたまらない。

不倫を続ける美都の言動が話題に。『あなたのことはそれほど』(c)いくえみ綾/祥伝社フィールコミックス

いつも“人の心が動く瞬間”を描きたいと思っていて、そこを大事にしています。自分でも先が見えないまま進めましたが、キャラができていたのでサクサクとひどい人たちを描けました(笑)。ひどい、というのは読者さんやドラマの視聴者のみなさんの感想で、私はあまりそうは思ってなくて。クズだなんだとひどい言われようなのがちょっとおもしろかったです」

 10月からスタートするドラマ『G線上のあなたと私』では、『あなそれ』で美都を演じた波瑠さんが、再びいくえみヒロインを演じる。まったく違うタイプの主人公だけにより注目が集まっている。

「波瑠さんには『あなそれ』ですべての女性を敵にまわすようなキャラクターを演じていただき、たぶん、ご本人も葛藤があったかと思うのですが、対談させていただいたときに感じた波瑠さんの強さみたいなものを美都の中にも垣間見れて、すごく新鮮で、とてもよかったと思います。『G線』の也映子はごく普通のちょっとおとぼけ女子なので、キュートな演技を楽しみにしています