厳しい残暑もついにやわらぎ、秋の一大イベント・ハロウィーンの季節が近づいてきました!  東京ディズニーシーと東京ディズニーランドでは、9月10日(火)から10月31日(木)の52日間にわたり、スペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」を開催中。イベント期間中は、ディズニーキャラクターに扮したフル仮装での入園が可能に。非日常を味わうにはもってこいの機会です。

 東京ディズニーシーは今年、“ダークで妖しいハロウィーン”へとテーマを一新。エントランスには華やかながら妖艶さもただようデコレーションが施されるほか、初開催となるショー「フェスティバル・オブ・ミスティーク」では、手に汗握るストーリー展開がゲストを虜にします。

ミッキーマウス、絶体絶命!?

 今回のショーの舞台は、港町ポルト・パラディーゾ。この町で久しぶりにハロウィーンの祝祭が開かれることとなり、盛り上げるためにディズニーの仲間たちも参加することに。

妖艶な雰囲気をまとったダンサーたち (c)Disney

 美女たちの幻想的なダンスで幕を開けた祝祭ですが、彼女らが艶やかに歌い始めると、港は徐々に不気味な雰囲気に。ついにはディズニーキャラクターたちの目の前で突然、雷が鳴り響き、炎や水柱が次々とあがります!

 実は、美しき女性たちの正体は海の魔女。魔王を復活させるため、この祝祭を利用していたのでした。

 しかし、気づいたときにはすでに遅し。なんとミッキーマウスが、邪悪な力によって捕らえられてしまいます。ほかの仲間たちも魔力にとり憑かれながらダンスを踊るなか、「何かがおかしい」と感づいたミニーマウスは、とある行動に出始めて……。

 果たして、ミニーマウスやドナルド、グーフィーたちは魔女の企みを阻止し、ミッキーマウスと平穏な港町を取り戻すことができるのでしょうか!? 怒涛の展開を、ぜひともその目でご覧あれ♪

 また、今回のショーでは、キャラクターやダンサーたちが身を包むコスチュームにも注目です。かつてハロウィーンの祝祭が行われていた中世ヨーロッパの服装をベースに、海の生物を彷彿(ほうふつ)とさせる骨やヒレなどの装飾が随所にあしらわれ、遊びゴコロ溢れるデザインに仕上がっています。

手袋、マント(東京ディズニーシー) (c)Disney

 さらに、東京ディズニーシーでは、「フェスティバル・オブ・ミスティーク」をモチーフにしたスペシャルグッズ約60種類を販売。広げるとコウモリの羽のように見えるマントや、クモの巣柄の黒いレースの手袋は、妖しげな祝祭に溶け込むのにピッタリ。そのほかにも、「フェスティバル・オブ・ミスティーク」のコスチュームに身を包んだキャラクターのぬいぐるみバッジなど、ハロウィーンの雰囲気をさらに盛り上げるグッズが勢ぞろいです。

 グルメまわりでは、“ダークで妖しいハロウィーン”をより一層感じられるスペシャルメニューとスーベニア付きメニュー、あわせて約15 種類が登場。ミイラに扮したゴーストをモチーフにしたスペシャルまんや、コウモリのシルエットが施されたスペシャルうきわまんなど、インスタ映えしそうなテイクアウトフードも要チェックですよ!