「それについては、私は娘から話を聞いておりませんので、どのように今なっているのか、考えているのか、ということはわかりません」

 6月21日、北欧ご訪問にあたっての記者会見で、長女・眞子さまの結婚問題について、このように話された秋篠宮さま。

「秋篠宮ご夫妻が6月27日から約10日間、ポーランドとフィンランドを公式訪問されるにあたり、ご夫妻では初めて事前の記者会見が40分弱の間、行われました。

 訪問国への印象や抱負、今夏に海外訪問を控える眞子さまの話に触れながら、小室圭さんとの結婚の見通しについて記者から質問があがったのです」(皇室担当記者)

 '17年12月、小室さんの母親・佳代さんが元婚約者との間に400万円超の“借金トラブル”があることを『』が報じたことが大きな要因となり、昨年2月、宮内庁より結婚延期が発表された。

「トラブル発覚後の眞子さまは、秋篠宮邸の自室にこもりがちになり、一時期は食欲も減退されてしまったのです……」(秋篠宮家関係者)

 前代未聞である皇族の結婚延期という状況の中、昨年8月、小室さんは突如として、国際弁護士の資格取得を目的とした3年間のアメリカ留学に旅立ってしまう。

 日本中が驚いたこの留学後、昨年11月に秋篠宮さまはお誕生日の会見で、

《やはり多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約にあたる納采の儀というのを行うことはできません》

 と、語られた。“最後通告”ともとれるこのご発言に対して今年1月、今度は小室さんが代理人弁護士を通じて“金銭トラブルは解決ずみだと理解している”という旨の文書を公表した。

“まるで他人事”のような言葉のご真意は

「トラブルが報道されてからたびたび、秋篠宮ご夫妻から小室さんへ、国民に事情を説明するなどの“相応の対応”を求められたものの、まったく動きを見せなかったことで不信感を募らせてしまったのです」(前出・秋篠宮家関係者)

 この文書が公表された後も、借金トラブル解決への見通しはいまだに立っていない。

「今回の殿下のご発言には、他人事のような印象を受けました。さらに、眞子さまご本人と結婚の見通しに関する話をしておらず、半年前から状況が何も変わっていないというのは“異常事態”です。 

 きっと、殿下の胸中には、不誠実な対応を続ける小室さんに対して“あきれた気持ち”があふれているのでしょう」(同・秋篠宮家関係者)

 今回の秋篠宮ご夫妻のご発言を、アメリカにいる小室さんはどう受け止めたのだろうか――。