2019年1月1日。昨年は所属タレントの退所、休養、ユニット解散など波乱が相次いだジャニーズも新年を迎えた。2018年、総括の舞台は毎年恒例のジャニーズ・カウントダウン・コンサート(以下カウコン)。東京ドームで開催されたカウコンは、昨年で20回を数えた。

 司会を国分太一さん(TOKIO)、井ノ原快彦さん(V6)が務め、メインの出場者はV6、嵐、KAT-TUN、関ジャニ∞、山下智久さん、Hey! Say! JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Z、ジャニーズ WEST、King & Prince、近藤真彦さん、東山紀之さん、ジャニーズJr.(SixTONES、Snow Man、Travis Japan、なにわ男子)ら。

 元旦に40歳の誕生日を迎えた堂本光一さん、そして生田斗真さん、風間俊介さん、長谷川純さんも駆けつけ、解散を発表した“タッキー&翼”も一夜限りの復活を遂げた(大阪・京セラドームで単独カウコンを行ったNEWSは、中継で参加)。

 20年目の東京ドーム。これでステージに立つ姿は見納めとなったタキツバ……滝沢秀明さん、今井翼さん。

 涙と感動が渦巻いたカウコンから一夜明け、今なおファンの興奮は冬の冷気をものともせず立ち上っている。だが、“祭りのあと”特有の、ほのかなさみしさもそこにある。

 では、ほんのわずか前、2018年の大晦日、ここで何があったのか? 記念すべき瞬間を迎える直前、“しじま”のようなひとときを振り返ってみた。

 これが、平成最後のカウコンに臨んだ聖地と、そこに集うファンや周辺の“リアル”である。

2018年12月31日夕刻
“タッキー&翼”Thanks Two you 展

タッキー&翼展の様子/筆者撮影

 会場の敷地内、東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ付近では、タッキー&翼ベストアルバム『Thanks Two you』の発売にちなみ、オリジナルフォトフレームでチェキが撮れるブースや、CDジャケットのボックスパネルを配したThanks Two you 展が開催された。

 会場に着くと、すでに多くのファンがタキツバのPVに見入り、最後の“デート”をかみしめていた。

「今日は、こっそりここに来ました」

 デビュー前から二人のファンだという女性に話を聞いた。彼女は50代の主婦。

「パートをしてまして、今日は本当は13時までなんですが、急に遅番を頼まれたことにして……。カウコンは外れてしまったので、せめてここだけでもって

 少し涙ぐみ、

「ほら、『夢物語』! これ、コンサートでみんなで踊ってキレイにそろうと、タキツバが“よくできました!”ってほめてくれるんです。それが、すごくうれしくて……」

 2人への思いをほとばしらせる女性は、少女のように愛らしかった。

 カウコンでは、くだんの『夢物語』も披露された。彼女もタキツバの2人に合わせ、テレビの前で踊っただろうか……。