「今は特に次の五輪は考えてないですし、足首がよくならないと。完璧に治すことを考えています。……3連覇は史上初になるのかな」

 66年ぶりにフィギュアスケートで2連覇を成し遂げた、“絶対王者”の羽生結弦。金メダルを獲得してからは、エキシビションの練習に参加していた。

「仲のよい選手とともに、カップル競技のようにリフトにチャレンジしたり、ショートトラックやカーリングのまね事をしたりと、楽しそうに過ごしています。プレッシャーから解放されて、つかの間の休息タイムなのかもしれませんね」(スポーツ紙記者)

 エキシビションの練習以外にも、メダリストとして宇野昌磨とともに連日、日本のメディアのインタビューにも応じている。日本のインタビューでは、とある素顔が話題になった。

「自転車に乗れなくて……」

 オリンピックというスポーツの祭典に出場し、その頂点に立った羽生。そんな彼の発言は大きな反響をもたらした。

「4回転をくるくる跳んじゃうような最高峰のスポーツ選手が“まさか!?”と思いましたね(笑)。スケーティングでもエッジを深く倒しているし、バランス感覚はよさそうなのですが……」(前出・スポーツ紙記者)

 実は、自転車に乗れないことを裏づけるような出来事が6年前にあった。

スケートリンクでの走行テスト中に2WDの自転車にまたがってみる羽生(写真提供:モッツ出版)

「'12年1月に、仙台市内のスケートリンクを借り切り、二輪駆動自転車のテスト走行を行いました。震災でがれきが散乱する場所を走れる自転車を作り、氷上で試走をしていたんです。そのリンクが羽生選手の練習場でした」(試走を見学していた男性)

 選手の練習が終わったあとにリンクを借り切って自転車を走らせていたそう。そこに目を輝かせながらやってきたのが、高校生の羽生だった。

「すごく明るい子で“おじさんたち、なにやってるの? どうしてリンクで自転車なの? 僕にもやらせて”と話しかけていましたね。“よかったら、乗ってみる?”と聞かれた羽生くんは“でも実は僕、自転車乗れないんだ”と。リンクメートの女の子たちからは“え〜!?”なんて冷やかされていましたけどね(笑)」(同・見学していた男性)

 そのときの貴重な写真がある。サドルにまたがる姿もあるが、乗った格好で撮っただけとのこと。“絶対王者”にも苦手なことがあったのだ。