「結婚願望? もうずっとあるんですけどね(笑)。結婚した友達を見ると、やっぱり幸せそうでいいなと思う反面、趣味が異常に多すぎるせいで独身のまま自由にしていたい気持ちもあって。今、とりあえず迷子です(笑)」

 “理想の伴侶”を求める大人の男女が婚活に挑む映画『こいのわ 婚活クルージング』で、バツイチ65歳と恋に落ちる(!?)独身女子を演じた片瀬那奈(36)。

 劇中では長~い脚を惜しげもなく披露しており、

「脚フェチの監督なので(笑)。でも、これは遺伝なんですよ。実は父が身長190センチ、おじいちゃんも180センチもあって。小さいころは、本当に肩車が怖かったです(笑)」

 こんなにバツグンのプロポーションで美人さんの女性を、男性が放っておくわけがない……!

「本当に、全然モテないんですよ。友達はすごく多いんですけどね……。言い寄られることはほとんどなく、たとえそんなことがあっても鈍感だから言われてビックリしちゃって戸惑うみたいな。そういうところが不器用で。だから、だいたいは自分から行きます」

 それはスゴイ! では、“理想の伴侶”ってどんな人?

「完璧を求めがちだったんですが、30歳を越えてからは、完璧になろうとお互い向上心を持って努力できる人がいいなって。外見にはこだわりはないんです。毎回違うので(笑)。私がこんな性格なので、できれば陽気な人がいいですね。面白いことに乗っかってきてくれるような人がいいです」

 テレビのイメージのまんま、とにかくよく笑い、明るく、そしてポジティブ!

「へこむこともないし、うじうじすることもないです。テレビのイメージを裏切ったほうがよかったかな、なんて(笑)。『シューイチ』とかであんなに笑ってて、実は裏でツンとしてたら、それは結構なやり手ですよ!(笑)」

気になるあのことを教えて!

 美容法は?

「私、20歳までは1日9回もごはんを食べてたんです(笑)。でも1度ひどい高血圧になって、それを機に生活を改善しました。今では食べすぎたら次の食事を少し抑えたり自然と調整するようになりましたね。肌のケアは化粧水も2日に1回くらい……。でもパックだけは毎日してるかな。安いやつでいいんですよ。これは毎日することをオススメします!」

 多趣味で知られる片瀬。

「キャンプ、フェス、バーベキュー、美術館や水族館巡りにゲームと、とにかく趣味が多すぎて忙しいです。ゲームセンターのコイン落としも大好きで。一時はハマりすぎて12時間やっていたことも……(笑)」

<映画情報>

映画『こいのわ 婚活クルージング』

角川シネマ新宿ほか公開中。全国順次ロードショー。

(c)2017「こいのわ」製作委員会

広島県庁が実際に行っている結婚支援事業をヒントに書き下ろされた史上初の婚活映画。35歳の独身美人編集者・山本ナギ(片瀬那奈)や65歳のバツイチ実業家・門脇誠一郎(風間杜夫)をはじめ、婚活に奮闘する大人たちの迷走(!?)をユーモアたっぷりに描き出す。