清楚なイメージをもつマギー

・横山健さん 1969年10月1日生まれ
・マギーさん 1992年5月14日生まれ

2017年、年明け早々にフライデーされちゃったおふたりですが、マギーは知ってるって人が多いけど、横山健って誰? という方も多いかもしれません。

 彼は90年代のメロコアブームを牽引した伝説的バンド、Hi-STANDARDのギターで、中高生のカリスマでした。バンドは2000年に活動を休止しましたが、“Ken Yokoyama”名義でソロ活動を継続。昨年10月には事前告知なしに、Hi-STANDARD名義で突如CDをゲリラリリース。なんと20万枚以上を売り上げちゃうところは、さすがといったところ。いまだカリスマなのです。

 今回の不倫騒動で彼をずっと追いかけているファンたちは裏切られた気分でしょう。でも、なぜか世間的にそんなに話題になっていないので、占い師の恋華先生に四柱推命で勝手に占っていただきました!

ピュアな心(厨二病)を持ったバンドマンはモテモテ!

実は私もハイスタのファンだったので、報道を見たときはビックリ! 勝手ですが裏切られた気持ちになっちゃったので、占っちゃいます。まずはおふたりの性格から見ていきますね。マギーさんは自己主張がとても強いタイプ。

 人からの評価が気になる人で、負けず嫌いで意地っ張り。あっ! 横山さんと不倫をしたからこんなこと言ってるわけじゃないですよ。あくまで占いです。彼女の自己主張は正論ですし、わがままという感じではないので、周りから嫌われることもありません。“きちんと意見を言う子”と周囲からは見られています。

 次に横山さんですが、彼はまさにセンスの人。わがままな部分もありますが、憎まれることはありません。子どものようにピュアな心を持った人なので、人を魅了するのだと思います。

 ただ、楽天的で衝動的なので、恋愛面でトラブルを起こしやすい命式です……」

  恋華先生がハイスタのファンだったとは! それにしても、23歳も下のマギーさんと不倫するなんて、さすがバンドマン。モテモテですね。ゲスの極み乙女の川谷絵音さんしかり、やっぱりバンドマンは家庭があったとしても、恋の炎を燃やしてしまうのでしょうか?

さっぱりした性格に惚れた横山健。男臭さに落ちたマギー

「気になる相性ですが……悔しいかな、相性のいいふたりです。マギーさんが好きになるタイプは、ちょっと強引で男臭い人。それでもって放っておけないと思わせる男性が好きです。

 まさに、横山さん。逆に彼のタイプは、芸術的センスがあって、元気でさっぱりした性格の人。ふたりは会話がすごく弾むので、一緒にいて楽しいのでしょう。でも、横山さんは外見に惚れ込んでいるのでいずれ冷めるかもしれません。実はふたりの運勢を見ると……」

 な、なんですかなんですか!? 何かすごい占い結果でも出ているのでしょうか? 早くふたりの未来を教えてください!

運気はいいけど

おふたりの結婚運を見ると、マギーさんは今年、そして2019年に結婚の強い運気が回ってくるのですが、既婚の横山さんは逆に今年が“不調”。そして2018年が“別離”。

 つまり、タイミング的にはバッチリです。情熱的な方ですから、離婚して、マギーさんと正式に、なんてことも。ただ、彼は二児の父親ですし、マギーさんも売れっ子モデル。

 そう簡単にはいきません。ひっそりと逢瀬を重ねていたようですが、今回の報道で冷水を浴びせられたことでしょう。マギーさんも若いのですから、子どもがいる男性ではなく、発展性のある恋愛をしたほうが仕事にもよい影響を与えます。

 横山さんはライブやメディアで言っていることとやっていることの筋が通っていないので、少なからず離れてしまったファンはいるでしょうね。せっかく復活したハイスタの勢いも、これでスピードダウンしてしまうかもしれません」

 マギーさんも横山さんも、これからってときになんで……。異性に対する欲望はどうしても抑えられないのでしょうか。恋愛は自由ですが、裏切られた奥様や子ども、ファンへの落とし前はどうつけるのでしょう。今後のふたりに注目です!

【占いEstigmas】


<占い師プロフィール> 恋華  ◎小学6年生のとき高熱で1週間寝込み、それからというもの“見えないもの見えないもの”が見えるようになり、“聞こえない言葉”が聞こえるようになる。以降、スピリチュアリズム、占い、哲学、東洋思想などに傾倒し、大学生になる頃には街角で占いを行うようになった。現在は一般鑑定はほとんど行っておらず、主に会社経営者など“孤独”と向き合う人たちの個人アドバイザーとして、能力を使っている。主に四柱推命とシックス・センスによって鑑定。

取材・文/むろ小町(占いEstigmas)