JYJ1221

 入隊中のジェジュンとユチョン。そして、ジュンスの3人がそろったステージとしては兵役前最後となった『2014 JYJ JAPAN DOME TOUR~一期一会~』の東京ドーム最終公演が映像化される。

ジュンス「久しぶりですね。みなさんに会いたかったです。そのぶん、最後まで全力でいきます。盛り上がっていきましょう!!」

ジェジュン「いまのアツい声援が、今日のライブが終わるまでずっと続くといいと思います」

ユチョン「みなさん、最後まで楽しむ準備はOK?(大歓声に)ありがとう」

 恒例となっている韓国での年末のミュージカルコンサートを控えるジュンス。入隊前に準備したホログラムコンサートを来年2月9、10日に代々木競技場第一体育館で開催すると発表したばかりのジェジュン。

 ユチョンは、兵役前最後の主演ドラマ『匂いを見る少女』のDVDが来年2月と3月に発売と、日々、メンバーたちのニュースが届くが、JYJとして、ふたたび同じステージに立つのは、数年後。3人がそろっている貴重なDVDには、福岡、大阪公演のダイジェストに、日韓での練習風景やリハーサルの様子も収録。

 そして、記念すべきツアーを写真で振り返ることができる約200ページの豪華写真集の特典も。

 24万人を動員したステージは、5年ぶりの日本語曲『Wake Me Tonight』を含め、ダンスナンバーからバラードまで彼らの魅力を十二分に堪能できる内容に。もちろん、日本語でのトークも絶妙で、3人のやりとりに何度も笑いが起こった。

ジュンス「この話は早いかもしれないけど、また(東京ドーム公演を)やったら、来てくれますよね? その時を、お互い約束しながら、本当に今日みなさんに“ありがたい”って言いたかったです」

ジェジュン「いちばん最初に挨拶したときに“そのアツさが最後まで続くといいんじゃないか”と言いましたけど、アツいですね。みなさんも結構、汗かいていますか? かいている? かいているの? かいているよね? かいているんだね(笑い)。本当にいいライブだったと思います。みなさんのおかげです」

ユチョン「すごく感動をもらいました。力をいっぱいもらった。みなさんがいるからこそ、僕たちが存在できるんだと思っています。今日もアツい応援をしてくれて、ありがとうございます」

 そう笑顔で語っていた3人の目に涙が浮かんだのは、アンコールの曲を歌い終えジェジュンが話し始めたとき。

ジェジュン「えっと(涙ぐみ、マイクを離す)。すみません」

ユチョン「泣かないでよ」

ジェジュン「このライブもこれから時間が過ぎて、あのとき幸せだったねと、いい思い出になると思う。いま思っている心だけは、永遠に本当に変わらず一生懸命頑張るJYJでいると約束します」

ジュンス「また、会いましょう」

『ICHIGO ICHIE 2014 JYJ JAPAN DOME TOUR』DVD4枚、豪華写真集(約200ページ)、ポストカード、Ichigo Ichieペンダント。11980円+税。詳細は、公式サイト