2019年『24時間テレビ』のメインパーソナリティーを務める嵐

 8月24日、25日に放送される日本テレビ系列の『24時間テレビ 愛は地球を救う』。

 2003年から、毎年ジャニーズタレントがメインパーソナリティーを務めるようになり、今年は嵐がグループとしては5度目の担当となる。

 番組内でのさまざまな特別企画が予定される中で発表されたのが、先月9日に亡くなったジャニー喜多川氏の追悼特集だ。『生涯を捧げたエンターテインメント ジャニー喜多川の想い』と銘打ち、来年のデビューが決定したSixTONESをはじめ、HiHi Jets、美 少年、少年忍者らが数々の名曲をメドレーで披露するという。

ド派手の演出に!?

 ジャニーズ事情に詳しいあるスポーツ紙記者は言う。

「7月13日にTBS系で放送された『音楽の日』でも、ジャニーさんの追悼コーナーが特別に放送されました。そのときは、生前に“ジャニーさんの後継者”として指名され、現在は関連会社の『ジャニーズアイランド』社長である滝沢秀明氏の手紙を中居正広が代読。そしてSnow Man、HiHi Jetsを中心としたジャニーズJr.による、15分を超えるパフォーマンスが話題になりました」

 また『24時間テレビ』を放送する日テレは毎年、大型音楽特番『THE MUSIC DAY』で例年、複数のジャニーズグループによるメドレーを披露し、ファンを楽しませている。その盛り上がりを『24時間テレビ』でも、という期待の声は大きい。

「各グループのメンバーをシャッフルさせ、贔屓のメンバーが誰と組み、何の曲を歌うのか、毎回、注目を集めています。『MUSIC DAY』の司会は『24時間テレビ』同様、櫻井翔なので、同番組を彷彿させる、にぎやかなパフォーマンスになるのではないでしょうか。櫻井はじめ、嵐のメンバーの“乱入”なんかも期待してしまいますよね」(前出・記者)

 とはいえ、今回はジャニーさんを追悼する企画。音楽特番ではないため、バラード曲など追悼を意識した内容になるのだろうか。音楽雑誌の編集者に聞いてみると、先日の“家族葬”をうけて「ド派手な演出になるのではないか」と分析する。

エンターテイメントの生みの親のジャニーさんに感謝をささげるのには、しんみりしたものはふさわしくない。そういった判断から、ジャニーさんらしく、むしろド派手な演出が予定されているのではないでしょうか。9月4日に迫ったジャニーさんとのお別れの会は“一般の部”が設けられています。そこに、たくさんのファンが来てもらえるような意識もあるかもしれません」