(左から)成田凌、宮沢氷魚、清原翔

 現在放送中のドラマや話題の映画で、ひときわ輝きを放つ若手俳優たち。なかでもファッション誌『MEN’S NON-NO』の専属モデルを務める“メンノン男子”たちの活躍は目覚ましい。モデルだけにとどまらない、多彩な才能を秘めたイケメンたちの魅力を分析してみると――。

 放送中のNHK朝ドラ『なつぞら』で、柴田牧場の跡取り息子・柴田照男を好演している清原翔(26)。日テレ系ドラマ『偽装不倫』で、主演の杏と恋に落ちるイケメンカメラマンを演じる宮沢氷魚(25)。そして9月13日公開予定の映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』で、太宰に心酔する若手編集者を演じる成田凌(25)……。いま、テレビや映画で活躍中の彼らには、とある“共通点”が。

 いずれもファッション誌『MEN’S NON-NO』の専属モデルを務める“メンノン男子”なのだ。

「メンズノンノは’86年5月に女性ファッション誌『non-no』の男性版として創刊されました。歴代の専属モデルは、田辺誠一さん、谷原章介さん、東出昌大さん、坂口健太郎さんなど、数々の名俳優を輩出しています」(ファッションライター)

メンノンモデル選出の基準

 メンズノンノの編集長を務める根岸英行さんに話を聞くと、どんな系統でも清潔感を忘れないコーディネートの提案を心がけているという。

「誌面ではモードからカジュアルまで幅広く取り扱っているんですが、私たちが提唱しているのは“クリーン男子”というものです。どんなファッションでも、きれいめに見えるコーディネートですね。ターゲットは20代の男性が主ですが、20代前半がいちばんのボリュームゾーンです」 

 専属モデルは、みんな高身長のイケメンぞろい。どのような基準で選ばれているの?

「選考では、モデルとして服をきれいに見せられるかどうかが重視されています。さらに面接では、その人のパーソナリティーと、きちんとした常識が備わっているかということを見ています」(根岸編集長)

 コラムニストの吉田潮さんに、いま活躍中のメンノン男子3人について聞いた。

「『なつぞら』で認知度がグンと上がった清原さんは、WOWOWのドラマ『虫籠の錠前』で主役を務めるなど、着実に力をつけてきたイメージがあります。そこではちょっとワルな、カッコいい役柄を演じていたのに対して、テレ朝系のドラマ『深夜のダメ恋図鑑』では、毛深くて女子に嫌われる“残念な男子”という役柄。若手ながらたくさんの引き出しの持ち主という印象です

『偽装不倫』で王道イケメンを演じている宮沢は、

「テレ朝系ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』では、ヒロインにアタックするナルシストな役、日テレ系ドラマ『トドメの接吻』ではダークな役も好演していたので、王道ではない個性的な役に挑戦してほしいですね」(吉田さん、以下同)

 あらゆるドラマや映画でひっぱりだこの成田は、安定した演技力に定評がある。

「いちばん印象的なのが、NHKドラマ『ふれなばおちん』。人妻役の長谷川京子さんと恋に落ちる、売れない役者という役どころだったのですが、雨に濡れた子犬のような表情で、女心をくすぐる男性を好演していました。ほかにも月9ドラマ『コードブルー THE THIRD SEASON』では、弱くて頼りない新人救命医を演じたり、TBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』ではゲイ役を演じるなど、王道ではない役もこなす安定感があります」