FANTASTICS(左から)澤本夏輝、木村慧人、堀夏喜、中島颯太 撮影/廣瀬靖士

 昨年12月にデビューしたダンス&ボーカルグループ・FANTASTICS from EXILE TRIBEのメンバーからボーカルの中島颯太、パフォーマーの澤本夏輝、堀夏喜、木村慧人にインタビュー。ニューシングル『Dear Destiny』は、フレッシュ感あふれる彼らの新たな一面を見せてくれるちょっぴり大人なバラード曲。

堀夏喜(以下、堀)「僕ら、まだデビューして時間がたっていないんですが、だんだんFANTASTICSらしさというか、芯になるものができはじめている気がします」

中島颯太(以下、中島)爽やかさやスタイリッシュさが前面に出ていて、かつEXILEのメンバーでもある世界さんや(佐藤)大樹さんがリーダーとしているので“EXILE魂”もある。僕らにしか出せない色がどんどん出てきているなと感じています」

中島「前作のシングル『Flying Fish』の収録曲で映画『4月の君、スピカ。』(佐藤大樹主演)の主題歌『Believe in Love』が高校生の恋のような青春真っただ中の恋愛を歌ったバラードなら、今回はタイトルのとおり運命の人に向けた、大人の恋愛観も表現しています」

 レコーディングでは、もうひとりのボーカル・八木勇征とともに“大人の色気”が出せるようさまざまな工夫をしたそう。

中島「“もう少しやわらかく、微笑みながら歌ってみよう”とか、“バラードだけど、リズム感を出したいよね”という感じで勇征くんと相談しながら進めました。それと、澤夏くん(澤本夏輝)が作ってくれた振り付けにも合うように考えて」

澤本夏輝(以下、澤本)「難しいテクニックを入れるよりも、聴いてくださる方に歌詞がしっかり届くことを意識して振りをつけました。『BelieveinLove』のときは、世界さんと(木村)慧人と3人で考えたんですが、今回はひとりで」

「僕らの場合、パフォーマーそれぞれに得意なダンススタイルがあって、曲の雰囲気に合いそうな人が振り付けを担当することが多いです」

 タイトルにある“運命”を感じる女性について聞くと、

「運命の人……、考えたことないな」

澤本「ウソ、絶対あるでしょ! 僕は、コンビニのおにぎりを取ろうとしたら、隣の女性も同じものを選んでいて手が触れる、みたいな経験がしてみたいです(笑)。メンバーとは、よくなるんです。さっきも、なっちゃん(堀)と手を置く場所が同じで」

「手でもつなぐって(笑)」

中島「メンバーとの偶然は、よくあります」

「この前も、ひとりでする用事が終わって、帰ろうと信号が青に変わって歩き出したときに横から迫ってくる人がいて。身構えたら、メンバーの(瀬口)黎弥くんでした。偶然、並んで信号待ちしていたみたいで」

澤本「それと似たこと、あったよね。“お腹すいたな”と思って入ったファストフードのお店に偶然、なっちゃんと(中島)颯太がいて」

木村慧人(以下、木村)「僕は……。卵かけご飯を食べようと思って、“こいつに決めた”って卵を割ったら2個、黄身が出てきて。こんな運命あるんだって」

「メンバーとじゃなくて、生卵に運命を感じたのね(笑)」