事件発生当初は歩道を埋め尽くすほどの花や飲み物が供えられていた

「表面的にはかなり平静になってきたように見えますが、心理的なストレスや傷は残っていると思います。夏休み中も2学期以降もケアは続けていく予定で、心理カウンセラーの増員も決めております」

 私立カリタス小学校(川崎市多摩区)の担当者は、在校生に対するケアの取り組み具合を、そのように明かす。

容疑者の自宅は

 今年5月28日朝、神奈川県川崎市多摩区登戸新町の路上で、スクールバスを待つ小学生ら20人が刃物で切りつけられ死傷した事件。同市在住の岩崎隆一容疑者(当時51)は犯行後に自殺したため、正確な犯行動機は闇に消えた。

 事件現場から直線距離で約4キロに位置する一軒家で、事件前の岩崎容疑者は、80代の伯父夫婦と暮らしていた。そこに今、人の気配はない。

一瞬の犯行後に自殺した岩崎隆一容疑者は、青春時代も短髪だった

 近くの古参女性住民は、

「(どうしているのか)わからないですね。むしろこっちが聞きたいくらいですよ。奥さん、どこに行ったのかしら」

 と夫婦の行方を心配する。

 事件後、学校は自家用車での送迎を認め、学校の駐車場や小学校の校庭を駐車スペースに開放していたが、

「体育の授業ができないなど不具合があったので、1学期の終わりくらいに学校内の駐車スペースについては提供をやめることにしました」(前出の担当者)

 スクールバスはいまだ稼働せず、学校は市バスをチャーターし、児童を送迎している。

「事件現場になったバス停を使うことはありません。新しい登下校の手段を今、考えている段階です」(同)