島田夫妻は結婚式当日がこんなことになるとは想像もつかなかった

 友人のみ38人を招待して今年6月22日、ホテルメルパルク仙台(宮城県仙台市)で挙げた結婚式。

 1年かけ準備を進め、雑誌などの結婚式特集で紹介された演出を自分たち流に取り入れ、招待客をもてなしたいと考えていた島田健斗さん・加奈子さん夫妻(仮名)は、「こんなに恥ずかしい思いをしていたのか」(加奈子さん)と式場の不手際の数々にあきれ果て、幸せな新婚生活を送っているはずの今、すっかり疲れ果ててしまっている。

手袋は、新品のはずが毛玉だらけ

「妻はうつ病で通院状態です」

 と健斗さんは明かす。それほどまで、思い描いたことがなされず一切がずさんだったという結婚式。前日打ち合わせで確認したことさえ、当日に実現されなかったという。

「友達だけの結婚式なので、私たちのことは名字を抜きにして名前だけで紹介する約束でした。前日も念を押し、式場も理解していました。

 ところが当日、チャペルでの挙式でいきなり、フルネームで呼ばれました」

 冒頭からの凡ミスに、健斗さんは怒り心頭に。

 加奈子さんも、幸せの出はなをくじかれていた。

チャペルに入るときの手袋が、毛玉だらけでした。本当に嫌だった。新品を用意するという話だったのに……

 その後も打ち合わせどおりに名前が呼ばれなかったことが、追い打ちをかけた。

もう披露宴をやりたくないと、担当者に言いました。妻の気持ちが優先だから、と。担当者は“もうミスなくやります”と、そう言ったのですが、披露宴でもいろいろと打ち合わせと異なる部分が露呈したんです