容疑者夫婦が暮らしていたマンションの玄関先はひっそりとして

「ご主人は、自分が弱ってきているということを周囲には話さないタイプでした。以前は地域のお祭りなどにも顔を出していましたけど、周囲に相談することはありませんでした。

 そんなご主人が“まずい、まずい”と危機感を持ち、弱気な発言をするようになったのは今年になってから。親しくしていた親族が亡くなったこと、妻を介護する将来的な不安という部分が大きかったのでしょう」(地元関係者)

 ご主人と呼ばれるのは、神奈川県海老名市の無職、宇留江敏夫容疑者(69)のこと。

生きていくのがかわいそう

「今年5月30日午前9時ごろ、自宅マンションで、妻の頭部をフライパンで数回殴打したうえ、頸部を包丁で数回突き刺し、殺害しました」(全国紙社会部記者)

 死因は失血死だった。

 被害者は容疑者の妻で無職、幸江さん(当時86)。第一発見者は介護ヘルパーだった。

「当日の午後1時に親族が自宅を訪ねたところ返事がなかったため、1度戻ったそうです。午後4時ごろにはヘルパーが呼び鈴を押しても誰も出てこなかった。これはおかしいと判断したヘルパーが救急車を呼んで中に突入したところ、無理心中を図ったような状況で倒れていたらしい。発見がもう少し遅れていたら、2人とも亡くなっていたかもしれません」(前出・地元関係者)

 自分で自分の首を切った宇留江容疑者は入院していたが、ケガが回復した約1か月後の6月25日午前10時過ぎ、病院敷地内で逮捕された。幸江さんの認知症がひどいため、「生きていくのがかわいそう。一緒に死んであげようと思った」と、無理心中を図ったことを供述しているという。