日傘男子広め隊 撮影/矢島泰輔
これから梅雨が明け、照りつける太陽がまぶしい季節がやってくる……! 最近“日傘男子”が急増していることをご存じでしたか? “日傘は女性だけのもの”なんてイメージはもう古い! 今は、男性も日焼けや、熱中症対策をしていかなければならない時代なんです。

日傘男子広め隊

 埼玉県庁環境部の男性職員によって、2017年に結成された“日傘男子広め隊”。男性がより日傘をさしやすい環境づくりを目指し、普及活動を行っている。隊員らも率先して、通勤時や出張時など、MY日傘を使用しているとのこと。

「私もこの活動を始める前は“日傘は女性が使うもの”というイメージを持っていたのですが、実際に使ってみると直射日光を遮ることができて涼しく、暑さ・熱中症対策にとても優れていて、女性だけでなく男性もどんどん使ったほうがいいと考えるようになりました。

 去年くらいから量販店でも男性用日傘の種類が増えてきていて、男性も選ぶ楽しさを感じていただけるかと思います。まずは埼玉県庁などの男性職員が率先して日傘をさしていくことで、心理的なハードルを下げること、またイベントなどで実際に日傘を体験していただき、効果を実感していただけるよう、これからも地道な活動を続けていきたいと思います」(日傘男子広め隊隊長・栗原諒至さん)

街中日傘男子に直撃!

「暑がりなので、傘があると汗もかきにくく、快適なんです」撮影/矢島泰輔

「僕はずいぶん前から日傘を使っていて、もう6~7年になるかな。日焼け対策っていうより、熱中症対策のためにさしています。暑がりなので、傘があると汗もかきにくく、快適なんです

「まだ使っている男性は少ないですが、日傘は本当にオススメですよ」撮影/矢島泰輔

「去年の猛暑がすごかったので、それから使っていて、体感温度も全然違うように思います。周りではまだ使っている男性は少ないですが、日傘は本当にオススメですよ」