大相撲名古屋場所が7月7日から始まる。

 始まれば連日、わあわあ興奮し、ああでもないこうでもないと勝手なことを言いながら見るのが相撲ファンだが、見るばかりでなく、自分も相撲を取ってみたい! と思うスー女たちも最近は多いと聞く。

 それじゃ、と私が行って来ました。

 何しに? 

 もちろん、相撲を取りに! 

「まわしを直に巻きたいんです!」

 場所は東京・三鷹市のSUBARU総合スポーツセンター。ここには立派な土俵があり、主に外国人向けの相撲体験教室が不定期に開かれているのだ(主催/雷炎)。

「こんにちは~」と土俵のある多目的体育室に行くと、すでに海外からいらした方々が相撲に備えて着替えをすませて集まっている。「ハロー、ナイス・トゥ・ミーチュー」とあいさつをして私も加わると、さっそく先生役、お笑いコンビ『ゆんぼだんぷ』のカシューナッツさんがみんなにまわしを巻いてくれる。カシューナッツさんは学生時代に相撲経験があり、角界にも誘われた本格派だ。

 私もまわしを巻いてもらう。実は、まわしを巻くのは初めてではない。かつて、何度か巻いてもらったこともあるが、よもや50歳も過ぎてまわしを巻くとは! よく「親方は今もまわしを巻いて若い衆に胸を貸す」などという記事を見るが、自分で自分に「和田親方よ……」とつぶやいた。

先生にまわしを巻いてもらう著者。が、これが初めての経験ではない

 この日の参加者は、私も入れて7人。インドから来たアールデックさんとアンケイシュさん、カリフォルニアから来たクリスさんとティナさん、シボーンさん、オクラホマから来たサンドラさんだ。

 なかでもアンケイシュさんのやる気がすごい。「僕はまわしの下に短パンをはきません。まわしを直に巻きたいんです!」という発言に一同「おおっ!」と驚嘆の声を上げ、その男気に拍手が沸く。お尻を出すのもいとわず、アンケイシュさんは紙パンツ一丁にまわしを巻いて意気揚々、稽古に挑んだ。

やる気満々のインドから来た男性2人

 さぞや熱心な相撲ファンなのでは? と聞くと「いや、相撲は全然知らないよ」と、アッサリ。じゃ、なぜそこまで? インドの神秘がさらに深まった瞬間だった。